🎮Switchスタンド/ドック[ゲームグッズ①]LANポート、HDMI装備

 2017年発売以来、2021年の現在でも勢いの止まらないNintendo Switch(以下スイッチ)で今現在ゲーム実況にて実際に自分が使っているグッズを紹介していきたいと思う。(使ってる≒おすすめ)
まず使用している「スタンド/ドック」を紹介する。
(現在4000円くらいだけど買ったとき2350円だった。)

 RUBU ゲーム機 アダプタ 充電 ドック スタンド HDMI キャプチャーボード ドック 互換品 充電 ドック 完全代替品 充電スタンド 角度調整可能 HDMI 最新システム対応 多人ゲームキャプチャーボード Bluetooth機能 type-C x1、HDMI x1、LANx1、USB 3.0 x1、USB 2.0 x1

※注意・・Amazon掲載品(特にノーブランド中華系商品)は入れ替わりが激しく以後入荷されていないことが頻繁にあります。逆にメーカーロゴが違うだけで中身同じ商品も多々あります。自己責任で類似品をお試しください。


Amazon注文履歴を見ると、21年1月に買ってるらしいので、それ以来現在(21年7月)まで故障など不備なく半年使用してきていることになる。(当時は2350円で買ってる模様)
※前提として、「スイッチライトではなくテレビ出力ありのノーマル(初期型)」
「常時テレビモードで使用している」
ことを念頭に置いて読んでもらいたい。

【なぜ別途スタンドが必要だったか】
スイッチ(ノーマル)を買ったら付属する正規品ドックの欠点が何かというと、「排熱」である。
排熱能の優劣がスイッチ本体のエラー発生率に影響する。(と思っている)
特に自分の場合は中古の旧型スイッチでプレイしているので、描画の激しいシーンなど他と比較してエキサイトしているシーンでこそGPU処理負荷が大きくなり熱がすぐたまり、そこで発生する本体エラーに悩まされていた。

とりわけゲーム実況の録画中は、強敵との激闘中や、苦労してクリアした直後のセーブ前本体エラーが起こることは「発狂もの」であった。その場面をやり直したら、初見でこそのリアクションが一気にうさん臭くなりもする。あと、排熱ファンの音がマックス(ブオオオ音)で鳴り続けるのも実況録画的によろしくない。

スタンド/ドック選びの条件としては、まず「正規品の代替となりうること」が挙げられた。「付属ドックの本来の機能」を保ちつつ排熱問題をまず解決できるもの前提で探して買った。

◆付属ドックの機能(自分が必要なポイント)◆
 ・モニター出力(HDMI端子)・・・録画前提なのでテレビモードでの使用も前提。
 ・LANポート・・・ネット対戦時などでの遅延最小化と安定を目的とした有線接続用途。
 ・USBポート・・・LAN同様、安定目的で使用している有線コントローラー用途
 ・縦置き・・・寝かせ置きは地味に邪魔。熱も溜まる。

以上の機能を保っていることを前提に、排熱対策つまり本体がむき出しになるようなスタンドを探した。排熱ファンは本体上部だが、主に熱いのは背面。なので熱がこもらないデザインのもの。

これらの条件に合致する物として絞り、これにたどり着いた。

 

・利点・・機能を保ちつつ排熱問題を改善していること。
  ※スイッチ本体の性能も影響しているので完全解決は不可能であること前提

・欠点・・パッドへの給電がやや弱いと感じられるところ。ゲーム起動時にコントローラーからスイッチ本体を起動できない時があること。

 ※コントローラーからの本体起動の不安定さの対応に関しては別途コントローラー編にて記載。

・備考・・軽くて小ぶりなので不安定

このスタンドは、軽すぎて、もはや線のほうが重いまであって簡単に引きずられる。電源用のUSBCとHDMIとパッド用USBの線のほうが重いw

一時、携帯モードとの切り替えなどで不安定さが出た気がするが、通常は定位置でテレビモードのみでのゲームで不具合も出た記憶がなく、満足している。

つい先日スイッチの有機EL型が発表されたばかりだが、そのドックには有線LANが標準搭載されるらしい。以上で紹介したスタンドにはLAN標準搭載で、新発表スイッチにはスペック的な進化(描画処理等)は無いので、LANありスタンド目当ての人にはこれで充分だろう。

ちなみに、スイッチ本体排気口に直接取り付けるファンのようなものも購入してた。録画(録音)に支障があるので今は使っていないが、本体から離れてプレイする人、録画なとしない全く気にしない人にはオススメだ。効果はあった。↓

ーーー

orenchi
ゲーム機グッズ全ての記事

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。